クロエベールとルプルプってどっちがおすすめ?

「クロエベール」と「ルプルプ」どっちがおすすめなの?

どちらも簡単に髪へのダメージを少なく抑えてキレイに白髪を染めることが出来るトリートメントタイプです。

でも、私のおすすめは断然「クロエベール」です!

どうして私がクロエベールをおすすめするのか?その理由について見ていきましょう!

 

私がクロエベールをおすすめする理由とは?

自宅で自分で白髪を染める時に一番大切なことって何でしょう?

白髪がしっかり染まるというのは当然ですが、しっかりとトリートメント効果が期待できるという点です。

どんなに良い成分が配合されていたとしても、白髪にきちんとトリートメント成分を浸透させることができなければ効果を期待できません。

クロエベールの良いところは泡タイプという点です。ルプルプは、クリームタイプです。

ルプルプは、かなり気をつけながら髪に馴染ませていかないと塗り残しができやすいです。
その点、クロエベールは泡タイプですので、誰にでも簡単に髪の毛全体に馴染ませることができるのです。

クロエベールのトリートメント効果もすばらしい!

クロエベールは白髪染め効果だけではありません。トリートメント効果によりダメージケアできるのが嬉しいポイントです。

そのため、白髪はしっかりと染めたいけど、髪が傷むのがが気になるという方に
ぜひおすすめしたいです。

ルプルプにも美容成分が5種類配合されているのですが、クロエベールは8種類の海藻エキスやツバキなどの美しい髪を目指せる美容成分が20種類以上も入っています。

そのため、ルプルプよりも高いトリートメント効果を期待できます。

また、クロエベールの新技術「ヘアケアキューブ」もなかなか良い技術です。髪に負担をかけずに髪の内部へ届けるける浸透技術により、キューティクルに負担をかけずに成分を届けることもできます。

プラチナナノコロイドを加水分解シルクでコーティングした、「エルテナ」も配合されています。これにより、白髪染めだけではなくツヤツヤで美しい髪へ導いて欲しい方におすすめです!

さらに、ヒアルロン酸の10倍の保水力をもつ天然成分「サクラン」も配合されていますので、パサつきが気になる方にもおすすめです。

使用頻度が多くても髪を傷めないため、色落ちする前に使用することで常に白髪がない状態を保つことができます。

そのため、生え際白髪も目立たないというメリットがあるのです。

 

クロエベールはお風呂を汚さない?

クロエベールはお風呂で流すのでお風呂が汚れないか心配という声もあります。
ですが、クロエベールはお湯で流すだけでさっと流れますのでお風呂についても大丈夫ですし、おでこや頭皮についても大丈夫です!

また、定期便は1回でも使用できますので、継続しばりがないかという心配もありません。

もし、使用頻度が低い場合は、お届け周期を変更することもできますので自分の使用頻度に合わせて使用することができます。

また、定期便の休止や中止を電話だけじゃなく、問い合わせフォームからできるのもいいですよね?

クロエベール口コミでの評判は?

 

コメントを残す